結婚式場

立て爪ダイヤモンドリングの起源

  婚約指輪といえば、誰もが思い浮かべる、あの立て爪のダイヤモンド・リング。
  1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティングとしてティファニーセッティングをデザイン。
  ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主流とされている代表的なセッティングである。
  立て爪ダイアモンドリングが出来るまでの指輪は、ダイヤモンドが台座に埋め込まれるように留められ、石の裏側や周囲が閉じられていたため、光が通らずに石が暗く見えていました。

コーヒー&ティー ラボ
コーヒーが好きな人にお勧めのサイト。ネスカフェのコーヒーマシンを中心にいろいろなコーヒーを紹介しています。コーヒーメーカーの本体が無料になるサービスがあってとてもお得ですよ。
模擬披露宴

  ティファニーの立て爪は、6本の細いプラチナの爪でダイヤモンドを高く掲げるようにセットし、側面を含むあらゆる面から光が入るように工夫。オープンセッティング(ティファニーセッティング)が主流になるにつれ、ダイヤモンドの品質はより厳しく吟味されるようになったと言われています。